【改正個人情報保護法「個人識別符号とは」】

個人情報保護法では、新技術による個人特定方法(PC識別方法他)を考慮して、個人識別符号という概念を導入しました。
個人識別符号により個人が識別できるものとは、

1. 身体の一部の特徴をPCで識別できる番号等に変換したもの

 (DNA、骨格など、虹彩、声帯、歩行態様、静脈、指紋等)

2. 個人割当文字番号記号等で、利用者を識別可能な情報

 (旅券番号、年金番号、免許証番号、年金番号、マイナンバー)

クレジットカード番号、携帯電話番号、ポイントサービス番号などは、個人識別符号ではありません。ただし、他の情報などと容易に照合でき、特定の個人を識別できるに至る情報の場合には、個人情報となります。つまりは、そのほとんどが個人情報となるということですね。
顔写真などでも、画像データそのものは個人情報ですが、それを特定の画像認識ソフトで特定の個人を識別できるように、その特徴を記号などに転換した場合に、個人識別符号となるということです。

むむむ・・・

昨日、今日と素敵な出会いがありました。

自然と口角が上がるこの頃です♪