· 

【医療法人附帯業務】地域密着型通所介護

医療法人附帯業務[その13]
【地域密着型通所介護】

医療法人附帯業務_医療法人が展開できる事業[その13]

 

老人デイサービスセンター等に通い、日中の食事・入浴(浴室がある施設のみ)の提供とその介護、生活等についての相談・助言・健康状態の確認等、日常生活上の世話と機能訓練を行います。利用者の心身機能の維持とともに、社会的孤立感の解消や、家族の身体的・精神的負担の軽減を図るものです。

イギリスの高層タワー火災の報道を見て脅威を感じました。日本では従来が木造、長屋の文化であることから防火に関しては古くから意識が高い国であると認識しておりますが、それは刑法の放火の罪の重さにも表れていますね。日本の建築基準法で防火について定められていることには、あのイギリスの高層タワーのような火災の広がりはなく、安心だと報道もされています。ですが、まだまだ木造密集地などでは、道路基準を満たさず、消防車が入ることができず消火活動に支障が出るなどどいう事態もあります。
そこで、東京都では「高齢者火災安全システム」制度を取り入れています。
高齢者のみの世帯等の住宅で火災が発生した場合に備えて、火災警報器を設置するとともに、火災警報器により火災を発見した場合に専用通報機を用いて東京消防庁に自動通報するものです。費用や要件等は市区町村の高齢福祉担当までお問合せが必要です。
日々の火災を予防した生活が何より大切ですね。