【医療法人附帯業務】軽費老人ホーム

 

【軽費老人ホーム】

 

医療法人附帯業務_医療法人が展開できる施設[その4

 

 

 

軽費老人ホームは、

 

低所得階層に属する高齢者であって、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において生活することが困難な60歳以上の方(配偶者ともに利用するときはどちらかが60歳以上)が、低額な料金で利用し、健康で明るい生活を送れることを目的とした施設です。

 

 

 

A型・B型・ケアハウス・都市型軽費老人ホームの分類があり、

 

A型」は家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において生活することが困難な方、

 

B型」は家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において生活することが困難な方であり身体機能の低下等は認められるが、自炊はできる方、

 

「ケアハウス」は、自炊できない程度の健康状態にあり、独立して生活するには不安が認められる60歳以上(配偶者ともに利用するときはどちらかが60歳以上)の方

 

「都市型軽費老人ホーム」は、自炊できない程度の健康状態にあり、独立して生活するには不安が認められる都市部に居住する60歳以上(配偶者ともに利用するときはどちらかが60歳以上)の低所得の方

が利用対象となります。

 

昨日は新たな挑戦のため、休日返上して講義を受講に行って参りました。

その前に腹ごしらえ・・・

大盛です!