ひとやすみ、ひとやすみ[その25]【朝読書(2)】パーマネント神喜劇

脳をフル回転させて、ひと段落したあとは、喜劇に限ります♪

休日の朝にぴったりの「パーマネント神喜劇」を読了しました。

単純な「勧善懲悪」が描かれているわけではないですが、結果的に善を諭されているような、ほっこりするような作品でした。

神様にもノルマがあり、ただひたすらにまっすぐに、ときにやさぐれながらもノルマを達成しようとするお茶目な神様。そして時にノルマを度外視しても民を守ろうとする神様に、なんだか溢れんばかりの人間性を感じて、またまたほっこりしました。そして脳内に新喜劇が描かれるくらいの、少し噴き出すくらいの面白い内容でした。

脳が疲れたな、と感じたときにはこれでリフレッシュしよう♪