· 

【医療法人の定款変更認可】   医療法人の事業展開[その3]「法人名称の変更」

 

医療法人の事業展開[その3]

 

法人名称の変更

 

 

 

医療法人を設立するにあたっては、診療所とは別に、医療法人としての名をつけます。

 

皆様思い入れのある名称をつけられていらっしゃいますね。

 

お手伝いさせていただいた歯科医師様は、ご自身のお名前と奥様のお名前を一文字ずつ取られていらっしゃいました。

 

以前は医療法人社団(財団)〇〇会といったオーソドックスなものが多くありましたが、最近はお名前を聞いただけで、健康になれそうな予感のする名称をつけられたり、おしゃれな名称をつけられたり、昨今は特に皆様それぞれの個性が映える名称が多いと感じます。

 

 

 

医療法人の名称を変更するときも、やはり、定款変更認可が必要となり、事前相談・確認に始まり、多くの時間を要します。

 

既存の医療法人(都内、他県の隣接地域にあるものを含む。)の名称と、同一又は紛らわしい表記、誇大な名称、国・都道府県・区市町村名はが使用できないなど、その他多くの縛りがあり、思い入れのある名称を採用するには、事前の折衝は欠かせません。

 

 

 

創立20周年を機に、事業承継を機になど様々な素因で変更する場合が考えられますが、期日がある場合は、早めはやめの準備が必要ですね。