【医療法人の定款変更認可】[その4]「診療所名の変更」

 

医療法人の事業展開

その4]「診療所名の変更

 

 

外は豪雨、涼しい風が吹き込んでいます。

スペイン、フィンランドについてなど悲しいニュースが目につき、なにかと脅威を感じておる今日この頃ですが、高校野球大会について私の出身地埼玉県の高校がまた歩みを進めてくれましたので、良いニュースに少しほっとするような心持ちの今日です。

 

少し期間が開いてしまいましたが、[その3]の記事で「法人名称の変更」について確認しましたが、今日は『診療所名の変更』について確認します。

 

医療法人を設立するにあたっては、診療所の名称と、医療法人としての名が存在します。

 

医療法人化前からの名称を利用している医院様が多いと存じます。

 

承継にともなう世代交代にともなって、漢字から横文字名称に変更するケースや、グローバル化に伴ってカタカナ名称にするケースなどが考えられるでしょうか。

 

 

 

医療法人の名称と同様に診療所の名称を変更するときも、やはり、定款変更認可が必要となり、事前相談・確認に始まり、多くの時間を要します。

 

医療法上好ましくない名称もあるなど、事前の折衝は欠かせません。

こちらも思い立ったらそのタイミングでご相談くださいませ。