· 

【医療法人の定款変更認可】[その6]「会計年度の変更」

医療法人の事業展開[その6]「会計年度の変更」

 

 

 

医療法人は決算日を自由に決定することができます。

 

ただし、社員総会の決議を経て、都知事の定款変更認可を受ける必要があります。

 

診療科目によって、また患者様の高齢化などにより、想定した繁忙期が変化するなどして、従来の決算期では不都合が生じるなどあった場合に会計年度を変更するということが考えられるでしょうか。

 

また認可が必要なのはもちろん、税務的観点で交際費や減価償却など、きちんと考慮して時期を定めることも必要となります。

 

こちらも早めの準備が必要ですね。

 

 

 

今日はベンチャーのCEOCOOの方がセッションする動画を流しながら、しかし音だけを拾って作業をしておりました。お題は「フィンテック」・・・AI、ブロックチェーン・・・まだまだ理解に至るには長い道のりが必要です・・・。

 

ひとやすみ、ひとやすみ・・・。

 

CEOは「最高経営責任者」で、経営方針や企業戦略の決定を行う人物。普通は会長あるいは社長を指し、COOは「最高執行責任者」で、CEOの決定したことを実践していくための責任者のことです。

このCEOCOOが会社経営の中核となるわけですが、このサポート役として、CFO「最高財務責任者」(Chief Financial Officer)やCIO「最高情報責任者」(Chief Information Officer)などがいます。