· 

ひとやすみ、ひとやすみ[その44]【講演会】

いろいろな方々のご厚意が重なって、念願の講演会に聴講に伺うことができました♪

楽しく笑わせて頂きながら、内容はしっかり「まじめ」で、記憶に残るお話をお伺いすることができました。笑うという行為は、記憶を深く浸透させるのでしょうか。

行政書士としても多く許認可を通して関わる「環境問題」について深く考えさせられるお話でした。

以前は医療の廃棄物、具体的には注射針やカテーテルなど、感染性の高いものが、正規なルートを通らずに不法投棄されるという悲しいことがまかり通っておりました。

今は、排出者である病院や診療所が最終廃棄まで責を負う形になり、解決されているのだと信じたいです。

そのように制度が変わってきたのも、NPOの活動が環境省を動かし、官民一体となって今があるのだなぁと、その底力やいかに!!

その働きかけの大変さを、少し開示してくださいました。

 

続けること、そしてたまには逃避すること。

 

強く、優しい、そしてパワフルな底力を少しだけ見ることができたような気がしています。

そして、勇気を頂きました。

私も折衝を進めなければならないことがあります。

続けて逃避して(笑)続けて頑張るぞ!!

 

とその前に逃避してきます♪