· 

【朝読書(9)】「無双の花」

故 葉室麟氏の歴史小説、「無双の花」を先日読了しました。

戦国時代の立花宗茂氏を主人公とした本です。

得てして歴史はあまり得意ではありませんでしたが、

葉室氏の小説に出会ってからよく読むようになりました。

古の武将の人柄に触れることができる、それはとても面白いと感じます。

つい先日まで、好きな武将はと聞かれて、「誰もおりません」と答えておりましたが、

今は聞かれたら「立花宗茂」と「山中鹿之助」と答えます。

 

また、この作品で、徳川家康の義を理解することができました。

悪者がいない、勧善懲悪ではないこの物語は、年齢を重ねたからこそ理解できるのやもしれないと考えると、大人になったのだと実感します(笑)