· 

【GW2018[その1]】

GWはどのように過ごされましたでしょうか。
私はニュースから聞こえてきた一言を自分の目で確かめるために陸前高田、三陸海岸沿いを訪問して参りました。
その一言とは「7年も経つのに復興が進まない」というものでした。

これまでの7年、そしてこれからの月日を定住なく過ごす日々を経ることを考えると、被災者の方々には進まぬ復興はまさしく苦しいものだと感じます。

 

東京で進むタワーマンションの建築やオリンピックの準備、それに比して進まぬ復興、そんな対比がすぐに思い浮かびますが、その土地も関わる人の想いも、対比させるには範囲や規模が違いすぎます。

それでも参考までにタワーマンションの建築も地盤から取り掛かって完成までに約2年、構想から入れれば総工は少なくとも5年以上を費やす、権利変換などがうまくいなかければ数十年かかることを考えると、確かに歩みはゆっくりなのやもしれませんが、確実に住居地域の区画整理等は進んでいるのやもしれません。

しかし、住居が定まらずにこれまでの7年、そしてこれからの月日を経ることを考えると、被災者の方々には進まぬ復興はやはり苦しいものですね。