· 

【医療法人の運営】理事長の職務

[理事長の職務]

 

医療法人の理事長の主な職務は次の3つです。
①医療法人の代表行為
②医療法人の業務に関する一切の行為
③職務執行の報告義務


理事長は理事会の職務である「理事の職務執行の監督」行為の職務執行状況を定期に理事会に報告する義務があります。
また、理事長の職務行為により第三者に損害を与えた場合には、医療法人はその損害を賠償する責任を負います。

 

管理運営が時代と共に人的、物理的に難しくなる今日この頃、コンプライアンスを意識して健全な経営が必要になりますね。